MOUTY(モウティ)ブラジリアンワックスの特徴や効果を知りたい!

ブラジリアンワックスは今、女性にも男性にも人気があります。以前はサロンに行って処理することが必要だったのですが、今は自宅でも利用できるようになったのでより気軽に利用できる商品となりました。

ブラジリアンワックスの中でも注目の商品、MOUTYブラジリアンワックスについて紹介します。

MOUTYブラジリアンワックスはどんな商品?

ブラジリアンワックスの中でも特にリーズナブルで人気となっているMOUTYブラジリアンワックスは、元々は「mounoブラジリアンワックス」として販売されていたブラジリアンワックスです。

従来品よりも大容量(400g)となり、ワックスの強度も変わって再登場しました。

MOUTYブラジリアンワックスは、日本人男性の肌質、毛質を考慮して作られています。

[chat face=”josei-t-a04.jpg” align=”right” border=”red” bg=”none” style=”maru”]MOUTYブラジリアンワックスは、全身脱毛に必要なグッズがセット売りとなっているので、ブラジリアンワックスで全身脱毛したいとい方にもおすすめの商品です。[/chat]

脱毛ペーパー300枚(3サイズそれぞれ100枚ずつ)とスパチュラ20本(2サイズそれぞれ10本ずつ)、取り扱い説明書がセットになっています。ブラジリアンワックスのブランドによっては1万円以上することも少なくないのですが、MOUTYブラジリアンワックスは定価でも価格帯が2,000~3,000円と非常に安いのです。

ブラジリアンワックスに興味を持っていても高くて手が出せないと思っていた人にもおすすめできる商品です。

MOUTYブラジリアンワックスの直接塗って処理する方法

MOUTYブラジリアンワックスは、ワックスを塗って、ペーパーを剥がすという簡単な処理です。塗る、貼る、剥がすという三つの処理で除毛が完了するので、手軽な処理といえます。

この時、毛の流れに沿って塗ることがポイントです。ワックスを塗ったら、ペーパーを同じく毛の流れに沿って貼り、なじむように手のひらを使ってしっかり押さえつけます。それから今度はペーパーを毛の流れに逆らうように肌を抑えながら一気に剥がします。

MOUTYブラジリアンワックスを広い範囲を一気に処理しようとすると失敗することもありますし、痛みが強くなるので狭い範囲を処理するようにしましょう。

MOUTYブラジリアンワックスは水溶性だから使いやすい

ブラジリアンワックスを利用したことがある人は、ワックスを温めるのが面倒という人もいます。確かにワックスの中には、適温に温めあることが必要なタイプもあり、温めるための専用グッズも売っています。

しかしMOUTYブラジリアンワックスの場合は、水溶性のワックスなので、利用する前に温める必要がありません。

[jin-iconbox07]適温に温める必要がないので、従来のブラジリアンワックスのように手間もかからず気軽に利用できるのです。湯せんを用意したり、電子レンジで温めたり、温めすぎて冷やすなども必要ありません。[/jin-iconbox07]

このMOUTYブラジリアンワックスは水溶性なので利用後、ワックスを水やぬるま湯で洗い流すだけなので、専用のクレンジングなども必要なく便利です。

MOUTYブラジリアンワックスは無添加で肌に優しい

MOUTYブラジリアンワックスは水溶性で利用しやすいワックスとして人気がありますが、特徴はそれだけではありません。MOUTYブラジリアンワックスは無添加なので安心して利用できるという特徴もあるのです。

ブラジリアンワックスの中には海外の商品もあり、品質や成分的にどうなのかな?と不安になる商品もあります。しかしMOUTYブラジリアンワックスは、日本で企画してから提携先で作られているので安心です。

肌が弱い方や敏感肌の方は、ブラジリアンワックスの利用を避けているという人もいますが、この商品は必要なもの以外配合されていない無添加のブラジリアンワックスなので、安心して利用できるのです。

アフターケアについても、普段利用しているローションや美容液でいいというのも、無添加のブラジリアンワックスである特徴です。

MOUTYブラジリアンワックスは日本人向けの商品

ブラジリアンワックスは元々、海外の外国人セレブやモデルさん、タレントさんから火が付いた商品です。そこから日本のモデルさんやタレントさんが利用するようになり、今では一般の方も積極的に利用しています。

しかし元々海外の商品だった事もあり、海外向けの商品で、日本人の肌には合わないブラジリアンワックスもありました。

その点、MOUTYブラジリアンワックスは元々日本で企画され、日本人向けに作られたブラジリアンワックスなので、日本人の肌によく合った商品です。

海外製のブラジリアンワックスの中には粘着力が強すぎて肌トラブルを起こすものもありますが、MOUTYブラジリアンワックスは安心して利用できる商品といえるのです。

MOUTYブラジリアンワックスはワックスの硬さに注意する

MOUTYブラジリアンワックスは、水溶性なので温める必要がなく便利に利用できる商品ですが、利用するときの硬さには注意が必要です。

あまり柔らかいと処理したい部位にしっかり吸着できず、逆に硬すぎてもワックスが毛によく絡んでくれないので、丁度いい硬さで利用することがMOUTYブラジリアンワックスを効果的に利用する方法となるのです。

使いやすいワックスとして知られているMOUTYブラジリアンワックスですが、冬場など気温が低い所においていて硬くなっている場合は、容器ごと湯せんするなどして少し溶かしてから利用しましょう。

また逆に、夏場で柔らかくなりすぎている時には、冷蔵庫に入れて硬さを見て利用することが必要です。

MOUTYブラジリアンワックスとムダ毛の長さについて

どのブラジリアンワックスにも言えることなのですが、MOUTYブラジリアンワックスを利用する時にはムダ毛の長さが短すぎても、長すぎてもうまく処理できないことがあります。

ムダ毛が長すぎるとワックスに絡みすぎて痛みが強くなることもあります。短すぎるとムダ毛がワックスに絡みにくくなり、きれいに処理できないのです。

処理するムダ毛が長い時には、2㎝くらいにカットしてからMOUTYブラジリアンワックスを利用すると効果的な除毛処理になります。逆にムダ毛が短すぎるときには、せめて1㎝くらいまで伸ばしてからMOUTYブラジリアンワックスを利用するようにします。

カミソリでの自己処理をしてしまった場合は、肌の角質がはがれているのでワックスの利用は刺激が強すぎます。ある程度期間をおいて利用するようにしましょう。

MOUTYブラジリアンワックスの痛みをとるコツとは?

MOUTYブラジリアンワックスは口コミでも人気のブラジリアンワックスですが、これから初めてブラジリアンワックスを利用する人は、痛みが心配だと思います。

[jin-iconbox03]男性は特に、毛が濃く太く根も深いので、ワックスを剥がす時に痛みが強いのではないかと不安になるのもわかります。しかしMOUTYブラジリアンワックスもちょっとしたコツで痛みを軽減できるのです。[/jin-iconbox03]

MOUTYブラジリアンワックスを塗ってから剥がす時、ペーパーを一気に剥がしたら、すぐに手で処理した部位を圧迫します。あまり圧迫しすぎるとよくありませんが、圧迫する作業が必要と思っていれば、そこに集中するので痛みを感じにくいといわれています。

また、剥がす時、天井に向けて引っ張るのではなく、ぺーパーをムダ毛の生えている方向とは逆方向に「折り曲げるような意識」で一気に剥がすと痛みを感じにくくなります。

MOUTYブラジリアンワックスは気軽に利用できるワックス

以前はサロンにいかないと利用できなかったブラジリアンワックスも今は、通販サイトなどで購入し、自宅で気軽に利用できるようになりました。

ブラジリアンワックスの中でもMOUTYブラジリアンワックスはリーズナブルで質の高い商品として人気があります。使いやすく気軽に利用できるので挑戦してみてもいいでしょう。